Today 2021年6月19日

心療内科とはどんな場所?疑問について解説します!


心療内科とはどんな場所?

心療内科とは精神的な原因やストレスなどによって体の不調が出たときに診察してもらう診療所です。頭痛や不眠などの些細な体調不良が続いているときに受診する場合が多いです。

大まかな診察の流れについて

心療内科を初めて訪れる際には事前の予約や医師の診断書が必要なケースがあるため、自分が受診しようと考えてる診療所に予め電話で確認してから来院するようにした方が無難です。初診の際は待合室で問診票を記入しますが、自分の現在の症状を素直に答えることが大切です。問診票を書き終えたら医師の診察になります。診察時には既往症の有無や他の病院へ通院しているのか、薬の服用があるのかなどを聞かれます。事前に要点をまとめておくと診察がスムーズに進みます。

心療内科ではどんな検査をするのか

心療内科では身体の不調となっている原因は何かを探すために血液検査をする場合があります。血液検査を行う理由は2つあります。1つは身体合併症の症状がある人の場合は処方してはいけない、または望ましくない薬剤があるからです。2つめは薬剤には薬剤中毒症状や機能障害などの副作用を及ぼすことが考えられるからです。薬による副作用を防ぐために血液検査を定期的に行う診療所もあります。

どのような治療方法があるのか

心療内科ではどのような治療方法を行うのかについて解説します。1つは薬物療法がります。睡眠薬や抗うつ薬を症状に合わせて処方していきます。最終的には薬に頼らず社会生活を送ることができるようになることが目標です。2つめに精神分析療法があります。患者の抱えている時間や問題などの諸条件に合わせて行う心理療法です。おおよその時間は45分から50分程度対面式の面接を行うことが一般的です。

品川の心療内科は品川駅の周辺にいくつかあるので、仕事やお出かけのついでに受診しやすいです。院内処方をしてくれるクリニックもあります。

Top